まつもと鍼灸整骨院
*

基礎体温で何が分かるの?その3

こんにちは、堺市北区北花田駅前のまつもと鍼灸整骨院の松本です。

今日もブログへの訪問ありがとうございます。

今日は「基礎体温で何が分かるの?その3」です。

kisotaionn3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前々回のブログで基礎体温表から分かる事の6個を紹介させていただき、今までに①~④について説明させていただきましたので、今回はその続き⑤と⑥についてお話ししていきたいと思います。

前々回、前回のページはこちら
「基礎体温で何がわかるの?」
「基礎体温で何が分かるの?その2」

 

基礎体温表から分かること

① 次の生理の時期が予測することができる。
② 自分の今の体と心のコンディションが分かる。
③ 妊娠しやすい時期が予測できる。
④ 排卵できているかどうか確認することができる。
⑤ 女性ホルモンのバランスを確認することができる。
⑥ 妊娠しているかどうかが分かる。

 

女性ホルモンのバランスを確認することができる

エストロゲンとプロゲステロンの二つの女性ホルモンが正常に働いていれば、通常基礎体温は低温期と高温期の2相に分かれますが、ホルモンバランスが崩れていると、基礎体温表は理想的な形にはなりません。

そのグラフの形により、排卵の有無、黄体や卵巣の機能不全、卵胞の発育不全などが推測することができます。

 

妊娠しているかどうか分かる

妊娠が成立すると受精卵の発育を促すためにも黄体ホルモンの分泌が続くため、排卵から約2週間たっても体温の高い状態が続きます。
基礎体温が高い状態が17日~21日以上続いている場合は妊娠の可能性が高くなります。

 

それでは今日はこの辺で終わりにしますね。

今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

動画はこちら

https://youtu.be/OU-svhd8S6Q

 

JHB子宝整体の無料相談・体験を実施しています。

下記の時間以外でも受付します、まずはお電話ください。

無料相談バナー不妊治療のページへ