まつもと鍼灸整骨院
*
まつもと鍼灸整骨院 > 女性ホルモン > 月経期の体調の変化について

月経期の体調の変化について

こんにちは(^^)

堺市北区北花田のまつもと鍼灸整骨院の松本です。

今日は「月経期の体調の変化」について書いていきます。

月経期(生理期間中)には、黄体ホルモンの分泌が減り、不要になった子宮内膜が血液とともに体外に排出され、生理が始まります。

 

この時期の体の変化として

 

・生理痛や頭痛、吐き気、倦怠感、むくみ等、さまざまな不調を感じやすい。

 

・生理による出血のため貧血気味になる。

 

・体の抵抗力が落ちたり、アレルギーがでやすくなる。

 

・プロゲステロンの分泌が減少するため、体温が下がって身体が冷え、血行が悪くなる。

 

・吹き出物増えたり、肌荒れが起こりやすくなる。

 

・くすみ、くまが出やすい。

 

 

★血行が悪く時期になるので、積極的に血流を改善していきましょう。

・ ウォーキングや軽いストレッチを行う

・ きつい下着やガードなどで、体を締め付けない。

 

 

★(食事も大切)

・月経により鉄分が失われるので、ひじき等の海藻類など、鉄分を補給しましょう。

・ナッツ類、かぼちゃ、アボカド等のビタミンEや、血行を良くするしょうが等もおススメです。

次回は卵胞期についてお話していきますね。

 

堺市で逆子のお灸はまつもと鍼灸整骨院にご相談ください。

生理痛・生理不順・更年期障害など女性疾患に『女性ホルモンバランス療法』

堺の女性の『健康』と『キレイ』を応援する鍼灸整骨院

堺市北区北花田のまつもと鍼灸整骨院

電話 072-255-5392

住所 堺市北区宮本町3 メゾンオクノ1階

最寄り駅 地下鉄御堂筋線北花田駅より徒歩1分 院前に駐車場あります。