まつもと鍼灸整骨院
*
まつもと鍼灸整骨院 > 腰痛 > 腹筋運動で腰痛が悪化!?

腹筋運動で腰痛が悪化!?

こんにちは(^^)

堺市北区北花田のまつもと鍼灸整骨院の松本です。

今日もブログへの訪問、ありがとうございます。

 

 

腰痛で病院で受診された時に

 

「腹筋が弱くなっているから腰痛になっています。」

 

とか

 

「腰痛を改善するためには、腹筋を鍛えてくださいね」

 

などと言われることがしばしばあります。

 

 

「病院の先生に言われたから・・・」

 

「もう腰痛になりたくないから・・・」

 

 

と腹筋運動を頑張っている方も多いのではないでしょうか?

 

 

しかし、この腹筋運動があなたの腰痛を悪化させる原因になってしまう可能性があります。

 

 

イラストのように上体を起こす腹筋運動では、肋骨から恥骨まで縦に走行している「腹直筋」が主に鍛えられます。

 

 

この腹直筋を強くするほど、肋骨と恥骨が近づくようになり、背中が丸くなる猫背のような姿勢を作ってしまいます。

 

 

人間の背骨は、頚部は前に(前弯)、胸部は後ろ(後弯)、腰部は再び眼に前(前弯)と横から見るとS字状になっています。これを背骨のナチュラルカーブと言います。

 

 

このナチュラルカーブはソファーやベッドにあるスプリングのような役目をしており、体に受ける衝撃を吸収してくれています。

 

 

腹筋運動で腹直筋を鍛えすぎてしまうと、腰椎の前弯が少なくなってしまいます。

 

 

腰椎は前弯していることで衝撃を吸収してくれているので、この湾曲が少なくなってしまうと、ダイレクトに腰に衝撃が伝わるようになってしまいます。

 

 

その結果、椎間板に負荷がかかり過ぎてしまい、最悪の場合ヘルニアを発症するなんてことの起こり得るのです。

 

 

腰痛で病院の先生から、「腹筋を鍛えてください」と言われた方は、”腹直筋”を鍛えるのではなく、「”腹筋群”を鍛えてください」と言われたと思ってくださいね。

 

 

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

まつもと鍼灸整骨院
堺市北区宮本町3 メゾンオクノ1階
地下鉄御堂筋線北花田駅 2番出口より徒歩2分
電話 072−255−5392