まつもと鍼灸整骨院
*

外反母趾治療

外反母趾治療

ハイヒールを履く女性がなると思われがちな外反母趾ですが、最近ではハイヒールを履かない男性や子どもにも増えてきています。

 外反母趾とは

「外反母趾」とは、母趾(親指)が外側(小指側に向かって)に曲がってしまった状態です。

親指が曲がることにより、付け根の関節が内側に飛び出してしまうのです。

状態にもよりますが、強い痛みがあり、ひどい場合は日常生活に影響してきます。

外反母趾の原因

最大の原因は、体重を支える大切な足を無理に締め付けることにあります。
ハイヒールや先の細いパンプスなど足を保護できない靴のほかに、タイツやストッキングを長時間はいていることで、足を締め付けているのも原因になっているようです。

足の痛みだけではない、外反母趾の影響

最初は合わない靴を履いた時だけだった痛みが、立っただけで痛むようになり、さらに変形が進み、ひどくなると、親指が人差し指や中指に重なっていってしまい、痛みはどんどんひどくなり、歩くことさえ辛くなってしまいます。また、歩き方が悪くなることで、体全体がゆがみ、肩こりや頭痛、首、腰、膝の痛みなど、体の他の部分の症状を引き起こします。

 

当院では、足圧分析器で足裏にかかる力を分析し、一人一人にあった施術を行っていますので、外反母趾でお悩みの方、お気軽にご相談ください。